• 料金
  • アクセス

腱鞘炎について

手の使い過ぎにより指や手首の関節に痛みが生じる疾患が腱鞘炎で、多くの人がこの疾患に悩まされています。指を早く動かしたり使い過ぎたりしてしまうと、腱が早く動いて負担がかかるため腱鞘とこすれ合う回数が多くなります。

こすれる回数が多くなると、炎症を起こしやすくなってそれが痛みの原因になります。腱鞘炎というと良く聞く名前ということもあり、シップを貼ったり薬を塗れば良いと思うかもしれせん。

腱鞘炎による症状

しかし、放置しておくとその周辺の組織がかたくなったりしてより症状が悪化することがあります。腱鞘炎には種類があって、その一つがドケルバン病です。これになると、親指側の手首が痛くなって力が入らなくなることがあるので注意が必要です。

もう一つはばね指と呼ばれるもので、症状は指に現れるのが特徴です。指の曲げ伸ばしをするときに、ばねのような引っ掛かりが生じて症状が悪化すると指が動かなくなることがあります。

腱鞘炎については当院にお任せ下さい

日常生活で起こりやすい動作がスマートフォンの操作です。特に、最近の端末は画面が大きいものが増えているので、指を大きく動かす動作を長時間行うのは手指に負担がかかります。

どれみ接骨院では、スタッフ一同、患者様一人一人に寄り添い少しでも痛みが和らいでいただけるように、丁寧に施術を行っております。
どうぞ、どれみ接骨院にご来院ください。心よりお待ちしております。

どれみ鍼灸接骨院へのお問い合わせ

電話予約はこちら WEB予約はこちら
院名 どれみ鍼灸接骨院
所在地 〒361-0056
埼玉県行田市持田2345
診療時間 午前 / 9:00 ~ 12:00
午後 / 15:00 ~ 20:00
休診日 夏季・冬季休院
毎月1日 研修休み