• 料金
  • アクセス

坐骨神経痛について

臀部から足の先まで痺れや痛みの症状を覚える事を総称して坐骨神経痛と呼び、個々により異なる原因がきっかけとなって痺れや痛みなどの特有の症状が生じます。

坐骨神経痛の原因

痺れや痛みを引き起こす根本的な原因になっている坐骨神経というのは、人体の中にある神経の中でも突出して太い上に長さも1mを超えているほど長いのが特徴です。

坐骨神経痛に見舞われる理由には個人差がありますが、年齢が50歳を超えている方々に多く見られるのが腰部脊柱管狭窄症に伴い坐骨神経痛が起こる事です。

どのような症状が起こるのか?

年齢が高くなってくると少しずつ脊柱管の広さが狭くなっていくのですが、狭くなった脊柱管に神経が圧迫されてしまい坐骨神経痛に繋がります。

腰部脊柱管狭窄症に伴う坐骨神経痛が生じている時は身体を後方に反らせた時に痛みが高まるのが特徴的なので、高い所に位置している物を手を伸ばして取ろうとしたり、背筋を伸ばした時に強い痛みを覚える事が多いです。

そのため、あぐらをかいたり中腰の姿勢で家事などを行っている時に特有の痺れや痛みが起こったり症状が顕著になります。

坐骨神経痛については当院にお任せ下さい。

20代や30代といった若年層にも多いのが腰椎椎間板ヘルニアにより坐骨神経痛が生じる事例で、腰椎椎間板ヘルニアが原因で症状が起こっている時には身体を前方に倒した時に痛みが生じやすいです。

どれみ接骨院では、スタッフ一同、患者様一人一人に寄り添い少しでも痛みが和らいでいただけるように、丁寧に施術を行っております。
どうぞ、どれみ接骨院にご来院ください。心よりお待ちしております。

どれみ鍼灸接骨院へのお問い合わせ

電話予約はこちら WEB予約はこちら
院名 どれみ鍼灸接骨院
所在地 〒361-0056
埼玉県行田市持田2345
診療時間 午前 / 9:00 ~ 12:00
午後 / 15:00 ~ 20:00
休診日 夏季・冬季休院
毎月1日 研修休み