• 料金
  • アクセス

突き指について

手の場合だと、例えばボールをキャッチする時に目測を誤り、親指の先が飛んでくるボールに当たることがあります。指先に掛かる力は、関節が曲がる方向に抜けるとは限らないので、逆に反るような形で指が変形するケースも珍しくないです。

突き指の原因

指の骨や関節に負担が掛かる突き指は、名前のように指先でものを突いてしまうのが原因です。指先で突くといっても、意図的なものだけではなく、うっかり引っ掛かってしまうケースも含みます。

当然ながら関節に負担が生じるので、炎症が発生して腫れたり、痛みを伴うことになります。指の曲げ伸ばしが難しくなることもありますから、無理をしないで安静にするのが賢明です。

基本的に腫れや熱感、痛みを感じる時は冷やすのが原則です。氷水に患部を浸けることで、炎症を抑えることができますし、袋に氷を入れて挟むように冷やすのも同様に良いです。

ただし、冷やし過ぎは凍傷や回復の遅れの問題になるので、氷で直接的に冷やすのはNGです。腫れが強い場合は、テープなどで固定して指が不意に曲がらないようにしましょう。

突き指については当院にお任せ下さい

突き指の原因はシンプルですが、患部に生じる影響は時に複雑なので、骨折を含めて安静に状態を確認することが必要です。

また指の構造自体も複雑ですから、軽視しないでしっかりと検査を受けたり、適切な治療で後遺症が残らないようにすることが大切です。

どれみ接骨院では、スタッフ一同、患者様一人一人に寄り添い少しでも痛みが和らいでいただけるように、丁寧に施術を行っております。どうぞ、どれみ接骨院にご来院ください。心よりお待ちしております。

どれみ鍼灸接骨院へのお問い合わせ

電話予約はこちら WEB予約はこちら
院名 どれみ鍼灸接骨院
所在地 〒361-0056
埼玉県行田市持田2345
診療時間 午前 / 9:00 ~ 12:00
午後 / 15:00 ~ 20:00
休診日 夏季・冬季休院
毎月1日 研修休み